ダ・ヴィンチ・コード

以前から興味のある本だったのですが、ベストセラーのため敬遠しておりました。
天邪鬼ですw

単行本で上下巻のため新刊で買う気がせず、古本屋(BookOff)で張っておりました^^;
発刊後10ヶ月近くたっていましたが、今でも売れているのかなかなかBookOffでも手にはいりませんでした。
何度か通っていると、同じ作家で「天使と悪魔」という本があったので調べてみると、ダ・ヴィンチ・コードがこの本の続編ということがわかり早速買ってみました。
b0065245_084153.jpg
ちなみに、大航海時代にでてくるダ・ヴィンチさんw

これが結構当たりでした^^
「24」が好きな人にはオススメできる1作です。話の展開がほぼ1日で進み、要所要所でウンチクが披露されたりと、久しぶりに読みふけってしまいました。

ちょうど「天使~」を読んでいる時期に「ダ・ヴィンチ~」もBookOffで入手できました^^
この本(ダ・ヴィンチ)、去年ルーブル美術館に行く前に読んどけばよかったです><
b0065245_023312.jpg

ただ、実際に行ったからなのか容易に情景が思い浮ばれて、これまたのめりこむ様に読みふけってしまいました^^;
b0065245_014231.jpg
ルーブルに行った時デジカメで撮った本物のモナリザです。
かなりの人がいましが、本の描写どうりケースの中に展示されておりました。
「天使~」同様さまざまなウンチクが披露されているのですが、「ダ・ヴィンチ~」のウンチクを知った上でルーブルに行ってたら・・・と思うと後悔してしまいます。もっと早く読んでれば・・・;;

話の展開としては「天使と悪魔」ほどのアクション性はありませんが、ウンチク率はアップしてます。恐らく、読者の半数以上は黄金比を確認するため自分の身長を測ったに違いありません。自分は、もちろん黄金比確認しました^^;
ちなみに、この本と「小説 聖書」を読むと、キリスト教ってなんやね、って思うかも(ーー;)

ま、なんにしても海外ではラングドン・シリーズということで第3作がでてるみたいです。
翻訳されるのが楽しみです^^

P.S
近頃、ヨーロッパがらみのネタにぶつかるので去年9月にいってきた欧州旅行の日記でも書こうかな(自慢w
[PR]
by tasogare777 | 2005-03-06 00:27 | 日常
<< 保険は大事>< 102回目のプロポーズ >>